生前対策が必要な理由

生前に相続税を試算し、相続対策を行うことで、実際の相続発生時には結果が大きく異なってきます。

相続対策は大きく分けると、節税対策・納税資金の確保・争族対策の3つがあります。

お客様のご希望を確認し、効果的な対策を提案させて頂きますので、より良い形で大切な財産を次の世代に残すことができます。

サービスの概要

相続税の試算

現在、どのような財産があって、相続税はどの程度かかりそうなのか、現状を把握します。

相続税の試算を行うことで、問題点や効果的な対策を見つけることができます。

節税が可能な特例や控除(小規模宅地等の特例・配偶者の税額軽減など)を活用することで、どの程度の節税が見込めるのかもご報告いたします。

生前対策

試算結果をもとに、具体的にどのような生前対策があり、どの程度の効果があるのかをシミュレーションさせて頂きます。

当事務所では、ただ単純に相続税対策を行うだけでなく、将来の納税や二次相続も視野に入れ、円滑で争いのない財産の承継をサポートさせて頂きます。

料金について

税理士に初めて仕事を依頼するお客様が不安を感じないように、あんしん明瞭な料金体系を掲げています。

サービスの内容

財産の評価+相続税の試算+相続対策のご提案

基本報酬

相続財産に不動産がある場合、評価が困難な財産(広大地等)が含まれる場合、非上場株式が含まれる場合には、下記の加算報酬が発生します。

なお、実際の相続時に当事務所で相続税申告を依頼された場合には、財産の状況が大幅に変動した場合を除き、相続税試算・対策にかかった料金の50%に相当する金額を、相続税申告の料金から割引させて頂きます。

財産の金額法定相続人が1名の場合法定相続人が2名以上の場合
1億円まで150,000円180,000円
2億円まで180,000円230,000円
2億円を超える場合別途お見積り別途お見積り

注意事項

※基本報酬の算定時の財産の金額とは、プラスの財産の総額のことをいい、生命保険金等の非課税金額及び借入金等の債務の控除前の財産の総額となります。

※消費税が別途必要となります。

※遠隔地への訪問・現地調査を行う場合には別途交通費等の実費が発生します。

加算報酬
土地(1利用区分につき)20,000円
評価が困難な財産(広大地等)150,000円~
非上場株式(1社につき)100,000円~

※消費税が別途必要となります。